ページの先頭です。

遮熱・断熱ガラス

遮熱・断熱ガラスへの交換なら「ハウスパトロール365」へ!

遮熱・断熱ガラス


  • 冬場の結露対策をしたい
  • 暖房費が高いので断熱ガラスに換えたい
  • 冷房の効きが悪い
  • 夏の暑さが我慢できない

など、ガラス割れの緊急トラブルは修理実績豊富なハウスパトロール365へお任せください。

弊社は、プロの専門技術者が24時間、365日休まず営業しておりますので、いつでも迅速な出張サービスで、割れたガラスの交換・修理、特殊ガラスの取付を始め、戸車やサッシ、網戸の張り替え、補助錠の取付け等、あらゆる窓付近のトラブルを解決いたします!

関東エリアで24時間、365日稼働しているので、最短30分でお伺い可能です。
まずは、お客様のトラブル状況やお悩み事などお気軽にスタッフまでご相談ください。

遮熱・断熱ガラスへの交換

千葉県で断熱ガラス、遮熱ガラスへの交換、
結露・省エネ対策をお考えならハウスパトロール365へおまかせ下さい!


どこよりも安く迅速に対応いたします。

「暖房をつけているのに肌寒い!」
「冷房をガンガンに入れないと部屋が涼しくならない」
「冬場はとにかく電気代が高くて困る…」
「冬は窓の結露が凄くて大変」

このようなお悩みを抱えていませんか?

建物の中で1番熱の出入りが多い場所は「窓」です。

夏は日差しが強く、冷房をつけていても外から入ってくる熱によって室内の気温がなかなか下がらなかったり、逆に冬場は、部屋が温まるまでに時間がかかるのはもちろん、ようやく温まってきても窓付近から冷たい空気が入り込んでくるものですよね。

実は…

夏場に外から入ってくる暑い熱は「71%
冬に室内から外へ逃げていく暖かい熱は「48%

と、こんなにも多くの熱が窓ガラスやドアから出入りしています。

エアコンや暖房器具の性能をアップすれば今よりも快適に過ごせるかもしれませんが、いくら性能の良い省エネの設備を導入しても、ガラスから逃げていく暖気や入ってくる熱の量は変わりません。

それよりも効果的でお財布にも優しいのが、断熱ガラス・遮熱ガラスです。

外からの暑い熱を遮断して、部屋の快適な温度を維持してくれるガラスなので自然とエアコンや暖房器具の使用量が軽減され、光熱費もお得に!

そして機械と違い、ガラスなので割れない限りは“半永久的”に快適な温度の空間を保つ事が可能になります。


ハウスパトロール365では、冬場の窓の結露や夏の遮熱対策、節電対策等でお悩みの方へ対して弊社が厳選した高性能の断熱・遮熱ガラス、サッシ等の交換のご提案をさせて頂くことにより、快適で過ごしやすい住環境を作るお手伝いをさせて頂いております。

近年は、一軒家~マンション迄幅広いご家庭で遮熱・断熱ガラスの導入が増え、現在も更に需要が高まりつつあります。

まだ断熱対策・遮熱対策をされていない方は、是非この機会に、省エネで家計にプラスになる窓ガラスの交換を検討されてみてはいかがでしょうか?

断熱ガラスの種類と特徴

断熱性抜群の「ペアガラス」


ペアガラス 一般的に、断熱ガラスといえばペアガラスと認識されている事が多いようにその断熱性は確かなものです。

通常のガラスは一層で出来ている所、ペアガラスの場合は2枚のガラスの間に空気層を挟んだ二重構造となっている為、熱を逃がしにくい構造となっており、抜群の断熱性を誇るガラスです。

しかし、空気層を挟んでいる事で通常のガラスよりも分厚くなっていて既存のサッシには適用できませんので、ペアガラスに交換する際には、ペアガラス専用のサッシに替えてもらう必要があります。


結露対策におススメの真空ガラス「スペーシア」


現在販売されているガラスの中で、最も結露対策に向いているのは「スペーシア」という真空ガラスです。
このスペーシアは、2枚のガラスの間に真空層を作り、これまでにない断熱性の高さとガラスの薄さを実現しました。

断熱性は通常の一枚ガラスの凡そ4~5倍とされており、窓に結露がつきにくく冬場の結露対策に最適です。

厚みのあるペアガラスに比べて、スペーシアは厚さが6.2ミリと通常のガラスに近い厚さなので、わざわざサッシを交換する必要がなく、ガラスの交換のみで断熱対策をする事が可能です。


断熱ガラスの種類と特徴

Low-E金属膜コーティングが施された「複層ガラス」


複層ガラス 複層ガラスには、Low-E金属膜という低放射性能を発揮する金属と、それを保護する酸化金属を重ねた多層膜が使用されています。

Low-E金属膜には、冬は室内の暖かい熱を逃がさず、夏場は太陽の熱を遮断し室内の空調を涼しく保つ効果があります。

近赤外線を弾き返すので室内の明るさは変わらず、冷房を切っても涼しさが持続する為、寝苦しい夏の夜も快適に眠る事ができます。

遮熱合わせガラス


遮熱フィルムを合わせたガラスで、室内の明るさを保ちつつ太陽の熱を34%、紫外線を99%カットしてくれます。
遮熱効果はありますが断熱効果は期待できません。


遮熱フィルム


室内側の窓ガラス全体に貼るフィルムで、太陽の熱を約40%、紫外線を99%カットしてくれます。

節電・省エネ対策におススメです。
また、地震や台風などで万が一ガラスが割れてしまった場合でも、 室内側にフィルムを貼っている事によりガラスの飛散防止になり、怪我を防いでくれます。


ご依頼および作業完了までの流れ

1.トラブル発生 2.お客様からのご連絡 3.スタッフが現場に直行 4.トラブル解決
トラブル発生
突然のトラブルが発生したら慌てずに、まずはお気軽にフリーダイヤル、または緊急連絡先までご連絡ください。
お客様からのご連絡
24時間対応のスタッフがお客様のトラブル状況を確認し、お伺いできる時間や作業料金目安をお伝えします。
スタッフが現場に直行
作業スタッフが現場に直行し、実際の状況を見てから正確な金額をお見積り致します。お見積りは無料です。
トラブル解決
ご提示する料金にご納得頂けたら作業を開始します。作業完了後、ご精算を済ませて頂きトラブル解決となります。
急なトラブルでお困りの際は「ハウスパトロール365」へ!
関東全域対応 24時間365日 見積明瞭会計
24時間365日いつでも緊急対応いたします!お気軽にお問合せください。
メールフォームからのお問合せはこちら
フリーダイヤルフリーダイヤル 0120-242-459
inserted by FC2 system