ページの先頭です。

BMW323のスマートキー作成事例のご紹介

bmw323-1 BMW323のスマートキー作成事例をご紹介いたします。

BMW3シリーズの5代目として2005年にE90型は、従来の3シリーズの軽快感を踏襲しつつ、ボディサイズを先代のE46型からさらに拡大させた日本国内でも人気のスモールセダンです。これまでのスポーティセダンという位置付けから、高級感のあるインテリアを採用したことなどからラグジュアリーセダンとしての位置付けも確立し、幅広い層から人気を博しました。

その他、4代目のE46型から採用されている電波式のキーレスエントリーシステムの採用やDSC(横滑り防止装置)などの電子装備を多く採用しており、これまでのBMWならではステアリングフィールも楽しめ、さらに高級感も味わえるコンパクトグランドツアラーと言っても過言ではないでしょう。ただし、E90型からは全幅が1800を越えるボディサイズとなっており、狭い立体駐車場などでの取り回しは若干難ありといった声もあります。

bmw323-2 今回のご依頼はこのE90型のスマートキーの作成です。

旧来モデルはスマートキーをイグニッションに挿さずにエンジンが始動できるコンフォートアクセス機能がオプションで用意されていましたが、現状はイグニッションが廃止されて、スマートキーを身に付けてスタートボタンを押せばエンジンが掛かるパッシブゴーという仕組みが全モデルで採用されています。BMWの電子系統は基本的にCAS(Car Access System)が司っておりますので、スマートキーの複製に関しても右画像奥に見える黒いCAS(白い場合もあり)を外して、専用端末を使って直接キーデータを登録しなければなりません。

bmw323-3 E90のようなプッシュスタート式車両は、アクセサリー電源を取り出すにもCAS(機械式イグニッションのACCがないため)から取る必要があるため、このCASへのアクセス頻度は非常に高いと言えます。ハウスパトロール365では、BMWのスマートキー作成実績が多数ありますので、CASへのアクセスもスムーズに行い、迅速にスマートキーを複製いたします。

bmw323-4 今回の作業も特に問題なくスムーズに完了いたしました。

作業実績に乏しい業者さんですと、あちこちのインパネを外してようやくCASに辿りつくパターン、もしくはCASが分からないといったケースもありますので、ご依頼いただく際はその点をしっかりと確認することをオススメいたします。ハウスパトロール365では、BMW3シリーズに限らず、全シリーズのスマートキー作成が可能ですので、特に中古等で購入され、スマートキーが1つしかない場合などは、全紛失になる前に作成しておくことをオススメします。

まずは、お気軽にお問合せ、ご相談ください♪

急なトラブルでお困りの際は「ハウスパトロール365」へ!
関東全域対応 24時間365日 見積明瞭会計
24時間365日いつでも緊急対応いたします!お気軽にお問合せください。
メールフォームからのお問合せはこちら
フリーダイヤルフリーダイヤル 0120-242-459
inserted by FC2 system